時代は足を靴に合わせる時代から足に合わせて靴を作

る時代に・・・

NEWS

Masato Maedaのホームページをご覧くださりありがとうございます。

私が靴作りの道を志したきっかけは、自分の足が小さく欲しい靴があってもサイズが合うものがなく苦労をしたことにあります。

 

『僕と同じように靴で困っている人を助けたい。』その一心で靴職人になりました。

 

Masato Maedaが目指すのは、革靴を履いていることを忘れてしまうほどの心地よい靴を作ることです。

 

今まで培った技術や経験の全てを詰め込んだ逸品です。

奈良の工房でひとつひとつ手作りした靴があなたの人生を少し豊かにすることをお約束いたします。