Concept

日々使うものだからこそこだわりたいものがあふれている時代に職人の

​手仕事から生まれる逸品を・・・

探究心と誇りを持った手仕事​
職人の存在意義が失われていく現在に、あえて手仕事にこだわり、手縫いなどの伝統技術から現在の技術まで自分のフィルターを通して良いと思ったものは積極的に取り入れています。
伝統技術と現在の技術をうまく融合させて靴を作ることで、幅広い年齢層のご要望にお応えできるようにしています。それを身につける方の背景にある思いやストーリーを靴を通して表現していくことが私の仕事と考えます。​​
見た目も履きやすさも大切にした靴
靴のもとになる木型はスタイルを決める大切な部分。しかし、見た目にこだわるあまり履き心地を損なっては意味がありません。足は「第2の心臓」と呼ばれるほど健康とも密接につながっています。
見た目、履き心地のどちらかに偏った靴ではなく見た目も足入れも両立させたバランスの良い木型を削ることを一番に考えています。
​​
細部にいたるまでこだわりを
当工房の靴と末永くお付き合いいただくため、デザインや用途に適した最高の素材を厳選し外からは見えない部分にいたるまでこだわりぬいて丁寧に靴をお作りしています。
製法や細かい仕様につきましても足に対するお悩みや用途、ご予算などをおうかがいし、靴全体のバランスを見ながらアドバイスをさせていただいています。
​​
お気軽にお問い合わせください。

Copyright © Masato Maeda ALL Right Reserved